日本試験機工業会

ごあいさつ

  会長 石田 雅昭

近年、地球規模で進む「グローバル化」と「デジタル革命」により、私たちの生活は様変わりしています。ビジネスの場では、さらなる成長を求め国境を越えた企業間競争が激化しています。また、中国、東南アジアをはじめとする新興国では、経済が高成長する中で、中間所得層が年々増加し、個人消費が拡大しています。

一方、経済活動の活発化により地球温暖化、資源の枯渇、生物多様性の減少といった地球規模での環境問題を引き起こしています。
経済成長に伴う負の側面を抑えながら、経済成長を継続させる「持続可能な成長」のために技術が大きな役割を担うことは疑いようがありません。日本が先端技術開発の重要拠点として世界をリードしていくことが技術立国としての使命となります。

日本試験機工業会は、日本の技術基盤を支える試験機の製造販売業の支援、向上のため、昭和15(1940)年、商工省(経済産業省の前身)の要請を受け「全国材料試験機工業組合」として発足いたしました。戦後の復興、高度経済成長といった激動の時代を経て、昭和49(1974)年に改組・改称し、現在に至ります。

当ホームページでは、会員企業の会社紹介、製品紹介はもちろんのこと、最新の試験規格情報や当工業会主催の各種イベント情報、ワーキンググループの活動など、会員の方々をはじめ、関係官庁、各産業界の皆さまのお役に立てる情報を掲載しています。

今後、日本の製造業は、「循環型社会」の構築のために、また、グローバル競争に勝ち抜くために、新しい技術、商品を次々に開発していくことがさらに必要となってきます。それを裏方として支える当工業会の会員各社は、高度化、多様化する試験ニーズに迅速に対応することが求められることになります。
当工業会と会員企業は、これからも試験を必要とされる皆さまからのご要望やご期待に応えることで、技術振興と産業発展に貢献してまいります。

皆さまのご指導、ご協力を賜りますようお願い申しあげます。